4歳よりピアノを始める。1989年、第24回新潟県音楽コンクール優秀賞受賞。1992年、パリ・エコール・ノルマル音楽院に入学。1993年、東京音楽大学付属高校に編入学。1994年、第1回ウィーン音楽コンクール・イン・ジャパン高校の部第2位入賞。2002年、フランスUFAMコンクール室内楽部門にて第2位入賞。1998年エコール・ノルマル音楽院コンサーティスト・コース修了試験に審査員全員一致で合格。同年、イタリアのイモラ音楽院に入学。2004年、フランス国立リヨン音楽院大学院入学。2006年、リヨン音楽院修了。この間、日本、フランス、ドイツ、オランダ、スペイン、モロッコでのソロ・リサイタルのほか、ドイツ人チェリスト・ルーベン・シャーマー氏とのデュオ・リサイタル(1999年)、新潟交響楽団との共演(1999年、2006年)、南仏・ロックダンテロン・ミュージック・フェスティバルでの演奏(ラジオ・フランスにて放送、2000年)、三善晃プロデュース「響きあうピアノ」への出演、中国・アモイ市交響楽団との共演(2002年)、ケルン放送交響楽団首席コントラバス奏者・河原泰則氏との共演(日本国内8都市、2002年)、新潟室内合奏団との共演(2002年)、フランス・ホルン協会主催ホルン・フェスティバル参加(2004年)、テノール歌手ジョゼフ・カレイア氏との共演(2003年、2004年)、フランス・ナント市のリジェ弦楽四重奏団との共演(2005年)、国立リヨン音楽院オーケストラとの共演(2005年)、パリ日本文化会館・ヤマハフランス共催「日本のピアノの若き才能」への出演(2006年)、大阪ザ・シンフォニーホールでのABC新人演奏会出演(2006年)など、数々の演奏実績をもつ。今年1月にはバリトン歌手ジョン・ヴォンダシ氏とのパリ・ポーランド記念館でのリサイタルにて好評を博す。これまでに、野本寛子、相馬上子、関根有子、ジェラール・フレミィ、ラザール・ベルマン、ピエロ・ラッタリーノ、ピエール・ポンティエの各氏に師事。2006年から2010年までシャンティ音楽院およびノワイヨン音楽院にて講師を務める。2010年より2013年、ニューカレドニア音楽院にてピアノ講師、および歌科のクラスの伴奏者を務める。現在、ソリスト、室内楽奏者として精力的に演奏活動を続ける。

 

フランス・ナント在住